家族構成別】平屋で人気の間取り例5選

平屋住宅を建てる場合、開口部の配置や部屋間の動線、家事の効率など、間取りの考え方が2階建て・3階建てとは大きく異なります。

そこに暮らす家族の人数構成や年代などによって、ニーズはさまざまです。

人気がある平屋の間取り例をまとめましたので、参考にしてください(各部屋の畳数はあくまでも参考です。

夫婦+子ども2人の子育て家族

まずは、家を建てる世帯で最も標準的な「夫婦+子ども2人」の4人家族。

子どもの成長後のことを考えて、それぞれに個室を設けるのがスタンダードです。

サニタリーを除いて必要な部屋は最低でも

  • LDK+畳スペース(19.1畳)
  • 主寝室(7.5畳)
  • 子ども部屋1(5.2畳)
  • 子ども部屋2(5.2畳)

の4部屋となります。

玄関を入って左側が主寝室、その奥に子ども部屋を配置します。

こうすることで家族のプライベートルームが集まり、なおかつ子ども部屋から出入りする際に気配を知ることができます。

LDKと畳スペースをL字に配置し、くぼんだ場所にウッドデッキを設ければ、リビング側、畳スペース側の2方向から出入りすることができ、外遊びやバーベキューの際などに非常に便利です。

キッチンはリビング側を見渡せるオープンタイプが人気。

洗面、浴室と隣接させておくと、家事の効率があがります。

参考:平屋の間取りプラン|セキスイハイムの平屋

夫婦4人で3LDKに暮らすミニマムプラン

子どもの成長に合わせて使い方を変えれば、4人家族で3LDKの平屋に住むことも十分可能です。

部屋の構成を

  • LDK(20畳)
  • 和室(6畳)
  • 寝室(6畳)
  • 子ども部屋(6畳)

とし、上のお子さんは子ども部屋に、下のお子さんは小さいうちは両親と一緒に寝室で寝ることができます。

成長後は、寝室として使っていた部屋を下のお子さんの部屋とし、夫婦は和室で寝ることにすれば、空間を無駄なく使え、それぞれに個室を与えられます。

さらにリビング上部にロフトを作れば、大きな荷物を収納しておけると同時に、子どもたちの遊び場にもなり、一つの空間で家族が同じ時間を共有できます。

参考:完全フル装備の家 HIRARI(平屋)|富士住建|注文住宅・ハウスメーカー

子どもたちが独立した、夫婦2人の暮らし

子どもたちがそれぞれ独立した後、夫婦2人で平屋に暮らすなら、広い敷地は必要ありません。

部屋数としては次のような構成が人気です。

  • LDK(16.4畳)
  • 主寝室(8畳)
  • 書斎(2.9畳)
  • 小屋裏

LDKは2人が寛げるサイズであれば十分です。

ミドル以降の世代は荷物が多くなる傾向があるので、小屋裏収納があると季節家電や普段使わないものをしまっておけます。

また、子どもたち家族が泊まりに来た際は臨時のゲストルームとして使うこともできます。

主寝室とLDKに面してウッドデッキを作れば、夫婦のプライベートなアウトドアリビングとして、読書やお茶の時間を心地よく過ごせます。

参考:平屋の間取りプラン|セキスイハイムの平屋

中庭を中心に据えたペットとの暮らし

少しイレギュラーな家族構成の場合も考えてみましょう。

夫婦+長女+ペットで暮らすことを想定した平屋の間取りプランでは、家族が思い思いに過ごせる中庭を住まいの中心に据えてみるのはいかがでしょうか。

寝室やリビングでコの字に囲めば、3方向から出入りできるスペースになります。

さらに、玄関そばには愛犬専用のスペースを設け、水道を配せば、散歩から帰ってきた後のシャワーも室内に入る前に済ませられます。

参考:平屋のスタイル提案 – パナソニック ホームズ – Panasonic

おもてなしできるサロンでホームパーティを愉しむ

友人の多い夫婦なら、子どもの独立後は我が家にお客様を招いてのホームパーティも愉しめます。

玄関を入った先に数人が腰かけられるパーティサロンと、お客様用のクロークや化粧室を設けます。

家族用のキッチン・ダイニングとは扉で仕切ってもいいですし、ひとつながりの空間にしてより開放的に使うのもよいでしょう。

キッチン・ダイニングの奥をサニタリーと寝室にすれば、おもてなしスペースとプライベートな空間を分けられます。

参考:平屋のスタイル提案 – パナソニック ホームズ – Panasonic

介護しやすい家で両親と同居

高齢の両親と同居する場合、今後の介護を考えて間取りを考えることが必要です。

両親の寝室はリビングと隣接させ、常に様子がわかるようにしておきましょう。

また、就寝時にお手洗いに行く回数が増えるため、寝室とトイレを近くにしておくのもポイント。

車いすでの移動を考慮して、室内の建具はすべて引き戸にするケースが多いです。

参考:高齢者に優しい平屋の住まい | 間取りプランニング | すむすむ | Panasonic

まとめ

一言で平屋といっても、家族構成やライフスタイルによって住まい方はさまざま。

床面積が2階建てに比べて少ない分、デッドスペースをなくすことと動線を意識したプランが人気です。

平屋の間取りを考える際には、ワンフロアに収まる、屋外空間とつながりやすいなどの平屋のメリットを最大限に活かし、暮らしに合った間取りにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です